地域に密着し、ご家族全員の目の健康をサポートします~やまもと眼科クリニック

眼鏡処方および新規コンタクトレンズをご希望の患者さまへ

土曜日に眼鏡処方、新規コンタクトレンズをご希望の患者様が大変増えています。そのため、眼鏡処方、コンタクトレンズの装用訓練を土曜日当日に行うことができません。
後日予約という形で対応させていただきますので、どうぞご了承ください。

お知らせ

2018.08.01夜間急病診療所出務のため、9/1(土)の午後診療受付時間は、16:30までとなります。
2018.08.01診療スケジュールに9月のカレンダーを掲載いたしました。
2018.07.02「ジョンソン・エンド・ジョンソン コンタクトレンズ 価格改定のお知らせ」を掲載いたしました。
2018.07.028/11(土・祝)~8/16(木)まで、お盆のため休診いたします。
「お知らせ」一覧

ジョンソン・エンド・ジョンソン コンタクトレンズ
価格改定のお知らせ

当院で取り扱っている「アキュビュー」シリーズのコンタクトレンズについて、平成30年5月に製造販売元であるジョンソン・エンド・ジョンソンより価格改定の案内がありました。

今回の価格改定の主な要因は梱包資材や配送料、人手不足によるコストの上昇が背景にあるとのことです。

当院におきましても、平成30年7月1日より、「アキュビュー」の販売価格を改定せざるを得なくなりました。
大変心苦しいですが、どうぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

改定後の価格につきましては、コンタクトレンズページ でご確認ください。

院内処方を行っています

当院では、お会計の際にお薬も一緒にお渡しする院内処方を行っています。
ご希望の患者様には院外処方箋の発行も可能ですので、お気軽にお申し出ください。

● メリット
院長がその疾患に応じて目の前でお薬説明をしますので、病気とお薬の関係、お薬の量などが十分に理解していただけます。
その他にも、次のようなメリットがございます。
  • 雨の日など、薬局へ行くという手間が省ける
  • 院外薬局で調剤してもらうより負担金が安くすむ
● デメリット
主なデメリットとしては次のことがあげられます。
  • (1) お薬の飲み合わせ等が把握しきれない可能性が、少なからずある
  • (2) 子どもへの内服薬処方時に、体重に合わせた調剤ができない

(1) に関しましては、お手数ですがお薬手帳をご持参いただきたいと思います。また、これまでより詳細に病歴薬歴等を問診させていただき、院長が判断いたします。
(2) につきましては、従来通り院外処方箋を発行いたしますので、お近くの院外薬局でお薬をお受け取りください。

診療時間 受付のご案内

日・祝
午前
9:30 ~ 1:00
午後
4:00 ~ 7:00

※ 土曜日午後診療は 3:00~5:00 / 休診日: 木曜 ・日曜 ・祝日
初診の方は検査が必要なため、余裕をもって来院してください。

診療内容

【眼科一般】

  • 白内障、緑内障
  • 麦粒腫、霰粒腫
    (ものもらい)
  • ドライアイ
  • 眼精疲労
  • 糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜裂孔
  • アレルギー性結膜炎(花粉症)
  • 仮性近視
    (学校の視力検査で受診を勧められた方)
  • 眼鏡・コンタクトレンズ処方

「こんな症状があるが、どこを受診していいかわからない」
  そんな方も遠慮なく受診してください。相談に応じます。

こんな症状のときはご来院ください

院長からの一言

2018.08.01

平成30年7月豪雨により犠牲になった方々、被災された方々に哀悼の意を表すとともに
御見舞い申し上げます。

中国地方(岡山、広島)の被害が甚大なようです。素早い国の対応による復興を祈っております。

さらに追い打ちをかけるように、災害級の暑さが日本列島を襲ってきました。
この暑さは経験したことがないものです。熱中症による死亡者もかなりの数でているようなので、いましばらくは不要不急の外出は控えたほうがいいかもしれません。

緑内障の患者様で、水分を取りすぎると眼圧が上がってしまうと心配される方が大勢おられ、質問を受けました。
多少の影響は考えられますが、今一番大事なのは水分をしっかり補給することです。
みなさん水分をしっかりととりましょう。

今年も8月後半戦に入りました。色々頭を悩ませる1年ですが、皆様頑張っていきましょう。

山本 泰史

やまもと眼科クリニック院長ブログ「Let's take five」

アクセス地図

神戸市営地下鉄湾岸線「中央市場前」駅より東へ徒歩8分

詳しい交通案内はこちら

このページの先頭へ